臨床開発部 Sr CRA T.K

interview_tk03

臨床開発部 Sr. CRA T.K

■profile 2012年3月CRAとして中途入社。2013年にSr. CRAに昇格。現在クローン病のグローバルプロジェクトを担当。

※社員の職位・タイトル・年次は取材当時のものです

前職の仕事内容とパレクセルに入社を決めた理由について教えてください。
前職では約3年間CRAとして施設の立ち上げ、組み入れからメンテナンスまでを担当し、一通りの経験を積んでステップアップの場を探していました。 また、環境的にサポート体制が整っている就職先を探しており、パレクセルの面談時に希望に沿う環境だと感じたため、入社を決めました。
シニアCRAとしての日常業務を教えてください。
施設対応やSDV、書類作成、IRB申請作業といった業務に加えて、経験の浅い CRAのサポートや、チーム内トラッキング業務などCOLのサポートも行っています。
CRAとしての仕事の魅力や醍醐味は何ですか?
業務を通じて最新の治療を知ることができることはとても魅力的ですし、疾患領域の第一人者とディスカッションすることができることも非常に貴重な経験だと思います。 また、被験者に奏功していることを、データを通して実感できるところに喜びを感じます。さまざまな施設に訪問するので、新たな人間関係を構築できることも楽しみの一つです。
パレクセルで働いてみてよかったことは?
入社後まもなくSr. CRAに昇進し、CRAとして自身が成長していることを実感できました。フラットで発言しやすい雰囲気の中で自由に業務に取りくめるのはとても働きやすいと感じます。 また、女性として出産・育児を経験している先輩が多いため、安心してライフイベントを絡めたキャリアビジョンを描くことができています。
他社と比べてパレクセルの強みは何だと思いますか?
まず一つには、グローバル試験をフルサポートで実施できる経験があることだと思います。また、個々人にかかる業務負担を分散させる体制を整えているため、常に残業をしている社員は少ないように思います。
今後のキャリアビジョンを教えてください。
CRAⅡとしてパレクセルへ中途入社し、現在はSr. CRAとして若手の指導なども行っていますが、このままキャリアを積んでCOLを目指したいと考えています。 また、今後出産などのライフイベントも経験しつつ、短時間勤務制度などを活用して、子育てをしながら仕事を続けていきたいと考えています。
CRAを目指す人に一言お願いします。
疾患分野での専門性は高く、プロトコール、GCP等各種規制に精通する必要があります。一方で、想像しているよりも業務内容は幅広く、ジェネラリストのような側面も持ち合わせています。 いろいろなことを体験してみたい方、人と関わる仕事の好きな方、社会奉仕したい方、どのような方でもやる気次第で好きな働き方ができます。噛めば噛むほど深い味わいの出るCRAという仕事にぜひチャレンジしてみてください。