CRA経験者の皆様へ

必要なトレーニングを必要な時期に提供します。

1.Local Regulation/ICH-GCP Training

CRA経験者の皆様は既に医薬品の開発・承認申請のプロセスや関連する法規制については十分に理解されていることと思います。 しかし、法規制や業界の動向は変化しており、正確な内容かつ最新の動向を理解していなければ、モニタリング業務の品質に影響します。 パレクセルではCRA経験者の皆様にも医薬品開発・臨床試験に関する一般的な知識を復習していただく機会を提供しています。 ここで皆様の知識をもう一度確実なものにして下さい。

2.Site Management Basic Training

パレクセルでCRAとして業務を実施するには、一般的な知識だけでは不十分です。パレクセルのSOPに従い、 パレクセルのシステムを使用してモニタリング業務を実施する上で必要な知識を習得するためのプログラムを受けていただきます。 講師によるレクチャーに加えて、シナリオディスカッションやシステムの操作方法等、すぐに実務に生かせる内容も含んでいますので、 実践に即したトレーニングとなっています。

3.Induction Training

GCPやモニタリングの基本を復習したらいよいよCRAとしての業務を開始いただきます。まだパレクセルの手順やポリシーなど、 わからないことが盛り沢山かと思います。職場が変われば無理もないことです。そこでパレクセルでは、無理なくパレクセルの業務に 入って行けるように、入社1ヵ月以降も直属の上司が業務習熟度合いを見ながら必要なトレーニングを提供していく体制を整えています。 早くパレクセルに慣れていただくためにも、何でも聞いてください。

4.臨床開発部会議での(随時)研修

臨床開発業務は日進月歩。次から次へと私たちを取り巻く環境は変わっていきます。 そこで、毎月の臨床開発部会議の中で、その時々に応じて必要な研修(例:GCP改正時の改正ポイントやパレクセルでの運用についての説明など) を提供しています。この研修を通じて、最新の臨床開発知識とモニタリング技術を習得してください。

5.ビジネススキル、英会話等

臨床開発を経験するにつれて、個々人で様々なニーズが出てきます。ビジネススキルの習得や英語力のアップなどのニーズに 応えるために、直属の上司と相談しながら、パレクセルが提供している研修を経験に応じて受講することが可能です。 これらの機会を利用して、プロフェッショナルなCRAになってください。

あなたの成長とキャリアをPAREXELがバックアップいたします。

1.ラインマネージャー制度

CRAを指導・育成・評価していく上司をラインマネージャーと呼んでおり、プロジェクトをリードするクリニカルオペレーションリーダーと区別しています。ラインマネージャーをプロジェクトから独立して配置することにより、より人材育成にフォーカスした活動を可能にしています。

2.グローバル共通のSOPや臨床試験マネジメントシステム

パレクセルは全世界共通のグローバルSOPを用いています。また、臨床試験マネジメントシステムも全世界共通ですから、プロジェクトが変わる毎にSOPやシステムを学び直す必要がありません。

3.充実したe-Learning

左記でご紹介したSOPや臨床試験マネジメントシステムを始め、パレクセルのポリシーや疾患に関する研修などをe-Learningシステムを用いて社員に提供しています。理解できるまで何度でも受講が可能。最後にはミニテストもあり、自分の理解度を客観的に測ることができます。

4.ITシステムの使用に習熟したスーパーユーザーによるシステムサポート

パレクセルではオリジナルのシステムを使用しています。初めて使う方には、上記で紹介したe-Learningやインストラクターによる研修等を提供していますが、それでもなかなか新しいシステムには慣れるまで時間がかかるもの。また、実際に業務を始めてみたら、研修中には気付かなかった疑問が出てくるものです。そのような場合にでも、パレクセルでは臨床開発部内にシステムサポートを行うスーパーユーザーを置いています。わからないことがあれば、いつでも質問することができ、直ぐに疑問点を解決することができます。